トヨタの言葉あれこれ

①市場主義:原価主義

利益を出すためには、原価をできるだけ下げることが
重要である。(原価=経費+労務費+材料費)
原価に利益を上乗せして売価を決めてはいけない。

○・利益=売価-原価 ・・・市場主義
×・売価=原価+利益 ・・・原価主義

「価値(Value)と価格(Price)を混同してはいけない」

価値を決めるのは顧客である。


②生産技術:清掃技術

生産技術とは、ある品物をつくる技術である。
対して製造技術は、設備・人員・材料等を
うまく使いこなす技術である。

・生産技術=固有技術
・製造技術=管理技術(マネジメント)

知恵を出すこと(改善)により、能力は無限に拡大される。

「原価を変えるのは製造技術」

能力不足・人手不足は改善で変化できる。


③動く:働く

「動く」は物理的に動作をしているだけで、
付加価値が加わることで「働く」になる。
工程を進める動作、ムダが少なく効率の高いことである。

工程を進めない行動(ムダ)を排除し、
人間が出したエネルギーを有効な仕事に
結びつけなければいけない。

働き / 動き=100%

「合理化で労働密度を高める」


④効率:能率

ムダを省いて「効率」のよい生産を行うことで、
結果仕事の「能率」があがったという。

・効率・・・使った労力に対する仕事のはかどり具合
・能率・・・一定の時間内にできあがる仕事の割合

能率=生産量 / 人数

上記の場合、生産量を増やすのでなく、人数を減らさなければ
真の能率向上とはいえない。

「工数低減し能率向上」


⑤モラル:モラール

・モラル(moral)・・・道徳・倫理
  人として守り行うべき道

・モラール(morale)・・士気や志気、意気込み
  ある目標を達成しようとする意欲・態度のことです。

(モチベーション=個人、やる気を出す動機
 モラール=団体・組織、やる気が出た状態)

「改善活動でモラール向上」

1 字違いで大違い! 注意しましょう。


⑥稼働率:可動率

「稼働」は利益に直結する指標であり、
仕事をすることを意味し、100%を超えることもある。
「可動」は正常に動かせることを意味し、
100%が理想であり、目標にしなければいけない。

・稼働率(カセドウリツ)=生産時間 / 操業時間 %
・可動率(ベキドウリツ)=正常運転時間 / 総運転時間 %

やらなければいけない仕事は必要なタイミングで行う。

「稼働率は売行きで決まる」


⑦平準化:標準化

・平準化・・・量と種類を数値化し平均化すること
       計画も平準化が必要である

・標準化・・・仕様・構造・形式等を統一すること

標準作業(作業の組合せ)は生きていて、常に未完で、
いつもつくりかえられる課題を持っているもの。
常に作業改善を心掛け、改訂を繰返していくことが大切。

「誰にでも簡単に守れる標準」


⑧自動化:自働化

・自動化・・・単純に作業を機械化すること
・自働化・・・機械に使う人の知恵を付けること

機械が自動的に加工するだけではなく、
何か異常があれば機会がそれを感知し、
自動的に停止することが大切である。

「人も機械も異常があれば止まる」


⑨作業改善:設備改善

・作業改善・・・ルール決め、再配分、置場の明示等
・設備改善・・・装置の導入、設備の自働化等

作業改善(仕事のやり方)から取組まなければ、
ムダを省く→作業の再配分→人を減らす
設備改善もうまくいかず、改善目標(原価低減)が見失われる
自働化することが目標ではない

「現有設備で一番良いやり方」

人を中心に考えましょう。

 

 

 

 

 


⑩省人化:少人化

省力化 ・・・・・・能率を上げる
 ⇓
省人化 (ショウジンカ)・・人工を減らす
 ⇓
少人化 (ショウニンカ) ・・定員制の脱却
  生産量の増減に応じて最も少ない人数で対応
  標準作業・多能工・柔軟なレイアウト変更等

 

 

 

 

「諦めず知恵を出す」

改善は結果が大事、根気よく取組みましょう。


⑪押込み方式:引取り方式

・押込み方式・・・工程別生産計画があり、これに基づいて生産する方式
         作業済品を、後工程の要求に関係なく押し込む
・引取り方式・・・後工程が、必要な物を必要な時に必要なだけ、
         前工程から引取る方式
  ⇓       顧客の要求をもとに生産計画を立てる
造り過ぎ・在庫のムダが生じない

 

 

「最終的な後工程は顧客」


⑫改善:改良:改革

・改善・・・悪いところを改め良くする(創意工夫)
・改良・・・不十分なところを改め良くする
・改革・・・制度を改め変える、ルールを変える

似ているようで、ちょっと違う!言葉です。

顕在化した問題を改善!発想を変えて改革!

「改善・改善の積み重ねが改革を生み出す」


⑬能力:脳力:悩力

「Man hour(工数)の計算は出来るが、その結果
  「人不足だ」「やれない」と判断するのはいけない。
  Man powerは決しておし計れるものではない。
  知恵を出す事によって、能力は無限に拡大される。」
          『トヨタの現場管理』(門田安弘著・日本能率協会)

 

能力不足は、脳力(悩力)不足!
自分の頭で考え編出していく習慣を付けましょう!

「悩んで脳を活性化」

悩むと知恵が飛び出してきます。

 

 

 

 

 

 

 


⑭進化:深化

・進化・・・変化に対応し変わっていくこと
・深化・・・物事を深めていくこと、レベルを上ること

「しんか」という言葉には、上記以外に
「新化」「真化」「身化」「心化」等があります。

 

進化する時、思考や人間が深化しなければいけないし、
深化すからこそ、人が進化できるのではと思います。
しかし、何でも変化させれば良いということではありません。

「変化させるモノの見極め」

「整理」で判断力を養いましょう。


⑮ムダ:むだ:無駄

・ムダ・・・見えるムダ(例:トヨタの7つのムダ)
       その動作が付加価値を生まない
・むだ・・・見えにくいむだ(例:纏め作業・纏め運搬)
       仕組みから発生する
・無駄・・・見えない無駄(例:売れる前提の設備投資)
       経営全体を損なう

ムダがむだを生み、無駄にならないようにしましょう!

「見えるムダから排除」