『トヨタの現場管理』に学ぶ②

『トヨタの現場管理』には、似ているようで違う言葉がたくさん出てきます。

例えば・・・

・市場主義:原価主義

・生産技術:製造技術

・効率:能率

・稼働率:可動率

・平準化:標準化

・省人化:少人化

言葉それぞれには、トヨタ流の解釈があり、読んでいて奥の深さを感じます。

究極は・・・動く:働く

人偏が付いているだけで、付加価値が加わってきます。

仕事だと思って動いていても、働きになっているかどうか、今一度見直しをしてみないと、ムダが隠れているかも?です。

第4期 5Sインストラクター養成講座 報告会・修了式

3月24日㈫、弊社CSセンターにおいて、

新日本グループ第4期5Sインストラクター養成講座の報告会及び修了式が行われました。

10月22日の開講式から約半年…

・座学①~⑩(4Sを極める・トヨタの現場管理・仕事の哲学・スピード整理術)

・現場実習①~④(㈱武蔵屋上尾工場)

・先進企業見学①~②(足利市 ㈱エコアール様・菊池歯車㈱様)

・パイプツール実習①(㈱武蔵屋上尾工場)

上記の講全てが終了しました。

そして、学びの集大成となる活動報告会では、各チームごとに発表が行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受講生8名の皆様、半年間お疲れ様でした。
しかし、インストラクターとしては、ここからが本番です!
頑張って5Sを究めていきましょう!!

「工場管理」3月号(2020 Vol.66 №4)

下記に掲載されました。

連載 わが社のイチオシ!
改善アイデア「第38回 見える化表記」

 

 

 

 

 

 

イチオシポイント
① 読まない!見てわかる!
② 見た目に楽しい(遊び心も大事)
③ マグネットで取付け、レイアウト変更にも瞬時に対応

『トヨタの現場管理』に学ぶ

新日本グループ内で開催しています「5Sインストラクター養成講座」。

その座学で使用している教材に『トヨタの現場管理』があります。

(著:門田 安弘 発行:日本能率協会マネジメントセミナー)

 

 

 

 

 

 

初版は1978年8月ですから、40年以上も前に書かれています。

また、1986年10月に増補・削除された新版が出てからでも30年以上、

私の手元にある最新刊は、2011年10月の第30刷発行のもので、

現在は増刷されていません(中古本をお求めください)。

40年以上前の書物が今現在も色あせることなく、

教材として使用できることを感心するとともに、

「トヨタ」という会社の凄さを再認識させられます。