第5期 5Sインストラクター養成講座 3講

7月21日㈫、5Sインストラクター養成講座3講を実施しました。
今回は、午前も午後も座学です。

午前の座学③では、『4Sを極める』から「整理」「清掃」頁の読み合わせを中心に、変化としての「整理」、5Sの中の「清掃」を深堀(初期清掃・点検清掃・保全清掃)していきました。

午後の座学④では、『トヨタの現場管理』第1章「利益の源泉はつくり方の中にある」と、『4Sを極める』の「整頓(整列)」「清潔」「しつけ」を学びました。

5Sの定義にはない「整列」ですが、初期整頓として位置付けられています。
しかし、何でもかんでも直角並行にすれば良いのかといえば、そうでもないケースも多々あり、それがベストなのか?を常に考える必要があります。
(今回は駐車場の斜め入れが例としてあげられました)

「整頓」は、変化するモノ、変化しないモノを見極め、小さくフレキシブルにという考え方が必要となってきます。
「巧緻より拙速」「小は大を兼ねる」「全てのモノにキャスターを…」等々、整頓では改善力が身に付いてきます。

「整理」「清掃」「整頓」の3Sができてくると、「清潔」「しつけ」の2Sは、結果として得られるということを、読み合わせました。

『トヨタの現場管理』に学ぶ⑤

『トヨタの現場管理』の文中、要所要所に出てくる言葉に「大野語録」があります。
トヨタ生産方式(スーパーマーケット方式)を確立したトヨタ自動車元副社長、大野耐一氏の言葉です。
大野耐一氏は、日本のみならず、世界の産業界に改善(カイゼン)の礎を築いた方です。

この改善という言葉、英語でも「Kaizen」と表記され、

・改・・・Change
 +
・善・・・Good
 =
Kai Zen・・・Change for better

改善を行うには、問題の顕在化が大切です。
何に困っているのかがわからなければ(見える化)、改善方法も出てきません。
まずは、お困りごと探しをしてみましょう!

第5期 5Sインストラクター養成講座 2講

7月7日㈫、5Sインストラクター養成講座2講を実施しました。
午前は座学の2回目、『4Sを極める』から、5Sの定義・目的・効果を、声に出して相手に伝えるという内容でした。
ドラッカーの著書に「大工と話すときは大工の言葉で・・・」とあるように、インストラクターとして相手に伝えるための練習です。
これは、私自身も受講生の時に経験しましたが、自分の頭では理解できていると思っていても、声に出すとうまく言葉になっていない!
ましてや、相手に正しく5Sを理解してもらうことが目的ですから、自信が理解しての上に成り立ちます。
簡単なようで、とても奥が深いです。

午後は、武蔵屋上尾工場での現場実習の初回でした。
「現場実習って何? 何をするの?っと、
毎期、この現場実習の説明には苦労しています。
初回は、まず初めて見る自分の職場とは異なる現場で、見るもの全てが新鮮に映ります。
そこで、良いところ探し、気付くこと探しをするわけですから、何が何やらだと思います。
しかし、異なるから気付くこと、当たり前が少し違和感に感じたりできます。

 

 

 

 

 

現場実習ラウンド後の報告書作成・発表では、初回にもかかわらず、多くの気付きがありました。

横浜支店 de 改善②

パイプツール製作が思ってた以上に早く終わったので、
残り時間は文具等の5Sにあてました。

スチール棚内は、扉で見えないので乱雑になりがちになります。
5Sキックオフ後、本社や技術センターでは、
鍵付き以外の扉は全て外しましたが・・・

横浜支店はcafe風なので、雑多なモノは見えない扉内にあります。
置き場所がまだ定まっていないので、とりあえず置いている状態の扉内の、
横置きになって場所を取っていたモノを、縦置きに変化!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中が、随分スッキリしました。

 

 

 

 

 

勿論、扉には着脱可の表記付きです。

横浜支店 de 改善①

ムダが見える化され、問題が顕在化されている横浜支店!
前回訪問時に見られた棚不足を解消すべく、早々動き出しました。

パイプツールでの棚製作も、数を熟すほどに早くなり、予定していた時間の半分で完成!

 

 

 

 

 

棚からはみ出していたモノたちも、棚内にスッキリ収まりました。

また、この先増えてくるであろう工事部材を置くための棚も完成!

 

 

 

 

 

直置きされていた充電器置きを内蔵してみました。

第28期 さわやか研修会スタート!

非常事態宣言は解除されましたが、新型コロナウィルスの感染は、首都圏を中心に拡大しています。
例年ですと、8~9会場で15回ほど開催していました「さわやか社員研修会」ですが、今期は三密を避け、初となるリモートもしくは小集団での実施となりました。

各現場に、講話動画のQRコード付き案内文とさわやか冊子を送付したのですが、QRコードを読取れる環境にない方々もおられ、冊子だけでどこまで伝わるのか難しいところです。

 

 

 

 

 

さわやか冊子-第28期