立教大学清流化PJ②

6月29日㈫ に、立教大学清流化PJの2回目を実施しました。

今回のミッションは2つ!
1,倉庫の棚作製
2,靴置き場のゲタ作製

倉庫棚は、技術センターで使用している棚と同サイズのモノとしたので組立だけですが、靴置き場のゲタは、現地にて寸法を測ってのパイプカットとなるので、こちらはどのように作るかからのスタートです。

初めてのパイプツール作製に、最初は皆悪戦苦闘!

 

 

 

 

 

ハンドのパイプカッターで、カット!カット!カット!

 

 

 

 

 

カットしたパイプにジョイントを付け…
キャスターを付けたら…

 

 

 

 

 

この靴箱が⇓

 

 

 

 

 

こうなり、一番下の人も取りやすくなりました👏👏👏
お掃除もラクチン‼

皆の感想は、「楽しかった~♪」

 

 

 

 

 

倉庫内の棚は、特掃置場になる予定です!

 

 

 

 

 

そして…
おまけのゴミ箱改善!

技術センター清流化PJ⑩

6月28日㈪ に実施しました技術センター清流化PJは、座学「清掃」から始まりました。
5Sインストラクター講座修了生が持ち回りで先生役を行うという試みをしている座学学習、「整理」の次の「清掃」は我社の得意分野ですが、5Sの中での「清掃」は、大大清掃の「初期清掃」から、「点検清掃」→「保全清掃」へと進化していきます。
清掃会社的な「日常清掃」「定期清掃」「臨時清掃」とは、ちょっと異なります。
その辺りの考え方が理解ができてくれば、「清掃」も達成感が味わえる楽しい作業となってくるので、ピカピカ目指して持続力を養っていけるよう頑張りましょう!

座学後の実践では、いつものようにグループに分かれ作業開始です。
「整理」されたタイヤ庫は扉の清掃を行った後に、中にどの車のタイヤが入っているのかが分かるよう、マグネットを使用して表記!

 

 

 

 

 

ちょっと頑張って、小さいナンバープレート風にしてみました!

技術センター2階は、棚ができあがった状態から新たなライン引き!

 

 

 

 

 

これをすることで、あと棚が何台必要かが分かり、そしてモノを動かす安全通路の確保!ができます。

 

 

 

 

 

今回の座学で学んだ「清掃」も忘れてはいません!
いつもお世話になっているゴミ庫もピカピカ清掃を行いました。

第7期5Sインストラクター養成講座3講

6月22日㈫、インストラクター講座を実施しました。
午前は、通常1講からの『4Sを極める』を3講で初めて開くという異例の座学でしたが、「定義」「効果」「目的」を正しく理解するところから5Sを知るというところは変わらずです。

ここ数期はやっていなかった上記を声に出して相手に伝えるというトレーニングでは、頭では理解していても言葉としてうまく出てこないことを実感した受講生たちでした。
「なぜ整理が最初なのか?」
「なぜ整理→清掃→整頓の順なのか?」
「なぜ自分のためにが1番目なのか?」
「なぜ安全に繋がるのか?」…等々
本の中ではさらっと流すように書かれている言葉を読取り、深く正しく理解していってこそ相手に伝えられることの難しさを体験する時間となりました。

午後は場所を変え、武蔵屋上尾工場での現場実習の1回目でした。
前講で、先進見学をおこなっている藤岡工場との比較ができ、より深い目で気付くことができたように感じます。

 

 

 

 

 

 

 

報告書作成も、コミュニケーションの取れる良い時間となりました。

第29期 さわやか社員研修会スタート‼

5月が期の切りかわりのSNB!
期がかわると、会社方針や部門方針等がかわるのは、どの会社も同じだと思います。
その期の方針に合わせて、毎年作成しているさわやか冊子ですが、第29期のモノが完成しました。

さわやか冊子-第29期

そして… 今年もこの季節がやってきました!

「The さわやか社員研修会」

コロナ禍なのは昨年同様となるので、多くの人が集まっての研修会は行えませんが、蜜を避けての、事業所単位での小集団研修会は実施します。

今期は、QRコード盛りだくさんの冊子となっているので、学びの多い研修会になると思います。

第7期5Sインストラクター養成講座 先進企業見学

6月8日㈫ 、武蔵屋藤岡リネン工場・ユニフォーム工場の先進見学を実施しました。

2019年1月、リネン工場から始まり、今ではユニフォーム工場にも広がっている清流化プロジェクト!

 

 

 

 

 

人・モノ・情報が、ムダなくスムーズに流れる工場内を見学した受講生には、多くの学びがあった一日になりました。

 

桐蔭横浜大学清流化PJ①

今期、新たに始まった学校関連事業所の清流化PJ!
一つは前にご紹介した立教大学事業所、そしてもう一つが今回初訪問させていただいた桐蔭横浜大学事業所です。

この事業所は、日常清掃以外に、お客様の建物・設備を良好な状態に維持管理すること(ファシリティサービス)もおこなっています。

学校・ショッピングセンター・病院等、不特定多数の方が利用する特殊建築物は、老朽化や設備の不備があると大きな事故や災害に繋がるおそれがあります。適切な維持管理を行うことによって事故を未然に防ぐため、定期的に点検・調査し報告する必要があります。

 

広大な敷地内の設備管理ですから、それに付随するたくさんのもの・モノ・物があるわけで、それらを含めての良い流れを創っていかなければいけません。

先ずは、ヒアリング!

 

 

 

 

 

 

担当者の方々の問題意識が非常に高く、また、目指したい姿も伺うことができ、方向性が決定しました。

その後のラウンドも有意義なものとなり、次回訪問までにやること、次回訪問時にやる事等、取っ掛かりが見えてきました。

社食newメニューボード!

新日本ビルサービス本社屋1階にある社員食堂「LA SANTE」!(フランス語で「健康」という意味)
2015年オープンで、ただ今6年目を迎えています。
メニューは日替わりで60種類以上!
日中食べられない夜間作業者には、おにぎりやお総菜パンを提供!と、至れり尽くせり。
お客様来社時には、ランチミーティングで大活躍、おふくろの味が大好評です。

そんな社員食堂のメニューボードが、新しくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

一日3食限定のお蕎麦も、書きやすくなりました‼

技術センター清流化PJ⑨

5月最終日(31日)に実施された技術センター清流化PJは、前回から始まった『4Sを極める』の座学からスタート!です。
前回、岡田先生から出されていた宿題「5Sの定義」「5Sの目的」を覚えてくる!は、予想以上の、インストラクター講座修了生も全て言えないという…

・・・撃沈・・・

で始まりました。

 

 

 

 

 

ここでおさらい!

「5Sの定義」
・整理・・・要るモノと要らないモノに分け、要らないモノを捨てる
・清掃・・・いつもキレイに保つ
・整頓・・・必要なモノがすぐに取り出せ、かつすぐに戻せる
・清潔・・・整理・清掃・整頓を維持する
・躾・・・・決められたこと(ルール)を守る
「5Sの目的」
①自分のため・・・働く環境を磨き上げ働きやすくする
②お客様のため
③社会のため
④全ての周囲の仕事をもっと良くなるという目で見直そう

覚えましょう!

 

 

 

 

 

休憩を挟んでからは、チームに分かれての実践です。

タイヤ置場は、要る要らないから…

 

 

 

 

 

 

技術センター2階は、パイプツールで棚作製!

 

 

 

 

 

 

皆でワイワイガヤガヤ、コミュニケーションを取りながらの時間となりました。

▼珍しいブラザーズショット‼
「木を切る弟!その横、端材で遊ぶ兄!」

第7期 5Sインストラクター養成講座 開講式

5月25日㈫ 新日本グループ5Sインストラクター養成講座第7期の開講式を、武蔵屋本社3階会議室で開催しました。

 

 

 

 

 

グループ内での10講半年間の5S講座も、4年目突入!
今期の受講生は、グループ外も含めて9名です。

 

 

 

 

 

ところで…
スポーツジム等で指導する人の呼び名が、「トレーナー」「インストラクター」と2種類あるのをご存じでしょうか?
どちらも指導やアドバイスをするのがお仕事なのですが、何が違うのかを明確に説明するとなると、曖昧になってしまいそうな気がします。

辞書を引くと…
・インストラクター = 指導者、専門的技術・知識を伝える人
・トレーナー = 相手をサポート、体や技術を鍛えて上達させる人
っと出てきます。

つまり「5Sインストラクター養成講座」とは、5Sの指導者を育てていく講座ということになります。
そのためには、まず「5Sとは?」を正しく理解することから始まります。
7回目となる「知らないを知る!」講座がスタートしました。