大学での5Sは目的を明確に!… 桐蔭横浜大学清流化PJ①

桐蔭横浜大学、整理を行った管理事務所、きれいですね~

今期、新たに始まった学校関連事業所の清流化プロジェクト!
一つは前にご紹介した立教大学事業所ですが、もう一つが今回初訪問させていただいた桐蔭横浜大学事業所です。

この事業所は、日常清掃以外に、お客様の建物・設備を良好な状態に維持管理すること(ファシリティサービス)もおこなわれています。

FM(ファシリティマネジメント):学校・ショッピングセンター・病院等、不特定多数の方が利用する特殊建築物(ファシリティ)は、老朽化や設備の不備があると大きな事故や災害に繋がるおそれがあります。適切な維持管理をおこなうことによって事故を未然に防ぐため、定期的に点検・調査し報告する必要があります。ファシリティの、最適な状態への改善(効率化・低コスト化)を図る業務管理が求められます。

 

山🏔一つに幼稚園~大学院までと、
広大な敷地内はアップダウンに富み、案内図を見ても迷子になりそうです。
そんな中にある大学は、数棟からなり、
それら全ての建物の設備管理をおこなうということは、それに付随する沢山のもの・モノ・物を管理しなければいけません。

先ずは、恒例のヒアリング!

桐蔭横浜大学清流化打合せ

担当者の方々の問題意識が非常に高く、また、目指したい姿も伺うことができ、5Sの方向性が決定しました。

全ての設備を良い流れにしていく!これがこの事業所の大きなテーマです。
多くの点検業務がスムーズにおこなえるように、頑張りましょう!

その後の、大学が管理している建物のラウンドも有意義なものとなり、次回訪問までにやること、次回訪問時にやること等、流れを創っていく取っ掛かりが見えてきました。

桐蔭横浜大学清流化ラウンド

目指すべき姿は大きくとも、出来ることは、小さいことの積み重ねです。
確実に、一歩ずつ改善を積み重ねていきましょう!

次回実践することは、備品が置かれている倉庫内の改善!
それまでにおこなっていただくことは、倉庫内の「整理」です。
使っていない要らないモノを倉庫内から排除(捨てる)したら、どれだけのスペースができるのか、今から楽しみです♪