スパロイヤル川口事業所 訪問

12月9日㈬、最寄りバス停から徒歩3分の場所にある、スパロイヤル川口事業所を訪問しました。

温浴施設は清掃時間開始がどこも早朝で、電車移動での訪問だと間に合わない事業所も多いのですが、ここはなんとか時間内に行ける場所にあります。

さわやか社員の皆さんは、品質に拘りを持ち、各自担当場所を決め、お客様に喜んでいただける清掃を目指し、日々頑張ってくれています。

しかし、安全と品質、優先順位はどっち?と聞かれたら、 ・・・=安全です!
段差、滑っての転倒等、危険と隣り合わせの場面が多い温浴施設では、慣れの行動が危険を生みます。

そこで、さわやか社員の皆さんには、良い眼を養っていただきたく、ちょっとモノを動かしてみました。

 

 

 

 

 

 

 

多少の凸凹で置かれていた風呂椅子を、タイルの目地線を基準に、真直ぐに並べてみました。
こうすると、はみ出したり歪んでいたりすると「異常」と感じることができます。
また、1ヶ所がキレイになると、その周囲それ以外のところの異常も見えるようになってきます。

気づきの眼を養う! 頑張ってください!!

清流化Pj in 横浜支店③

先週のやり残しを終わらせるため、11月3日㈫に横浜支店を訪問しました。
キャスター不足だった車両積み込み用移動カートは、仕様を変え2台完成しました。

 

 

 

 

 

こちらも部材不足だった畳用テーブルは、骨組み状態ですが、こちらも2台完成! 天板は、後日購入予定になっています。

 

 

 

 

 

しかし、畳用テーブルができても、コンテナ等にタオル等が溢れかえっている状態は、解消されません。
そこで、テーブル脚に一工夫加!

 

 

 

 

 

1台には、タオルが先入れ先出しできるよ、パイプを追加!

もう1台は、カゴが置けるようパイプを追加!

 

 

 

 

 

そして、同寸法で数本あったパイプ端材を利用し、無造作に積み重ねられていた丸パット置場を、テーブルより一回り小さいサイズで作製しました。

 

 

 

 

 

丸パットとタオルが移動したことにより、洗濯機間にあるモノで溢れかえっていたパイプツールは、スッキリ!取り出しやすくなりました。

清流化Pj in 横浜支店②

10月26日㈪、今月の先生方を交えての清流化PJは、横浜支店で実施しました。

パイプツールで作製したいものはモノは、あらかた決まっていたので、モノに合わせ寸法出しをし、実践スタート!

 

 

 

 

 

リンガーのキャスター位置が定まらず、少々悪戦苦闘しましたが、なんとかカタチになりました。

そして残った部材でもう1台作成!

 

 

 

 

 

キャスター他、足りない部材があり完成にはあと一歩足らずでしたが、移動用カートの形はできあがりました。

& 移動式ホワイトボード台は完成です!

資生堂銀座ビル 5S!②

改善された資機材庫内のスチール棚。
ここにダスタークロスが置かれています。

 

 

 

 

 

四つ折りの青色クロスは、積み重ねて置かれています。
当然使用する時は、重ねられた上のモノから取っていきます。
洗濯してキレイに畳まれたモノも、当然の如く上に積まれていきます。
そうすると… 一番下にあるダスタークロスは、いつ使われるのでしょうか?
全てのクロスが使用されない限り、下の出番はないということになります。

それに反して、黄色・赤色のクロスは、立ちやすよう六つ折りで畳まれ縦に置かれています。
使用する時は手前から取り、洗濯したモノは奥に入れていくという決まり事が成立すれば、同じモノばかりが使用されることはなくなります。
これが「先入れ先出し」であり、「整列」と「整頓」の違いです。
先に入れたモノから使用できるよう、モノの流れを作って運用していく!

モノの清流化は、このように小さい場所から始まるのかもしれません。

資生堂銀座ビル 5S!①

9月3日㈭に、資生堂銀座ビルを訪問しました。
約1か月前に初訪問し館内をラウンド、清掃資機材置場と控室の5Sアドバイスをおこなったその後を見てきました。

 

 

 

 

 

パッと見は片付いているように見えますが、いざ仕事準備が始まると資機材庫の中は渋滞状態!
そこでアドバイスさせていただいたのが…
①、まずは要らないモノを処分しましょう!
②、過剰在庫の見える化をしましょう!
③、カート等同じモノの置き場所を統一しましょう!
④、安全のための動線を確保しましょう!  …等々。

1ヶ月の現場での頑張りの結果、控室・資機材庫共に随分とスッキリしてきました。

 

 

 

 

 

随所に改善がなされていたので、次のステップへのアドバイスをさせていただきました。
変化をさせたからこそ見えてくる次の課題!
「巧緻より拙速」
まずはやってみる!が大切である、現場を見るからこそ分かるということを実感できた一日でした。

清流化Pj in 横浜支店①

8月31日㈪、月末の定例行事となっている技術センター清流化PJの時間を使い、先生方と4月に開所した横浜支店を訪問しました。

当日は、深夜作業で使用した資機材が車両から降ろされた、片付け前状態でした。
棚に収まる前の、床に直置きされた物・モノ・もの…

 

 

 

 

 

車両へのモノの積み下ろし&片付けの時短提案が先生からあり、横浜メンバーでの清流化がスタートしました。

横浜支店 de 改善②

パイプツール製作が思ってた以上に早く終わったので、
残り時間は文具等の5Sにあてました。

スチール棚内は、扉で見えないので乱雑になりがちになります。
5Sキックオフ後、本社や技術センターでは、
鍵付き以外の扉は全て外しましたが・・・

横浜支店はcafe風なので、雑多なモノは見えない扉内にあります。
置き場所がまだ定まっていないので、とりあえず置いている状態の扉内の、
横置きになって場所を取っていたモノを、縦置きに変化!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中が、随分スッキリしました。

 

 

 

 

 

勿論、扉には着脱可の表記付きです。

横浜支店 de 改善①

ムダが見える化され、問題が顕在化されている横浜支店!
前回訪問時に見られた棚不足を解消すべく、早々動き出しました。

パイプツールでの棚製作も、数を熟すほどに早くなり、予定していた時間の半分で完成!

 

 

 

 

 

棚からはみ出していたモノたちも、棚内にスッキリ収まりました。

また、この先増えてくるであろう工事部材を置くための棚も完成!

 

 

 

 

 

直置きされていた充電器置きを内蔵してみました。

横浜支店訪問

開所準備以来、約2か月半ぶりの訪問です。
入口には看板が掲げられましたが、外からの見た目cafeは健在でした。

資材置き場には、準備の時にはなかった資機材が、順次運ばれており、用途別に分類はされていますが、パイプツール棚4台に収まり切れない状態になっていました。

 

 

 

 

 

充電器等も直置き、良い意味で収納ラック不足が見える化されています。

また、洗濯機周りも棚が必要なのでは?という感じがしました。

 

 

 

 

 

この状態はムダを生むので、早急に改善に取り掛からないといけません!

プラウドタワー武蔵小金井クロス事業所 S/U

コロナウィルス緊急事態宣言の関係で1ヶ月ほどの遅れとなりましたが、6月から事業所がスタートアップしました。

お客様の方でご用意いただいた清掃用施設が3部屋という、恵まれた環境です。
その3部屋を、それぞれ「更衣」「休憩」「資機材置き」に分けたいという現場からの要望を聞き、ロッカーやテーブルの移動からS/Uのサポートに取り掛かりました。

資機材置場は棚もない状態でしたが、ステンレスのパイプツールを組立、資材等を大まかに分類しカゴを設置。
何とか見せられる状態になりました。

 

 

 

 

 

しかし、商業施設と居住施設とで構成されるこの現場は、使用する資機材も多種多様。
ここから、モノはどんどん増えてくるということです。

 

 

 

 

 

現状、過剰在庫となっているモノが減り、スペースを空けていかないといけませんが、運用しながらの検証となります。