流れを観る!… 第7期5Sインストラクター養成講座 先進企業見学

武蔵屋藤岡工場改善された治具を使ってのタタミ作業

6月8日㈫ 、5Sインストラクター養成講座の先進企業見学会で、武蔵屋藤岡リネン工場・ユニフォーム工場を訪問しました。

武蔵屋藤岡工場清流化座学

工場をラウンドする前に、
先ずは座学「The 清流化!」

2019年1月にリネン工場から始まり、今ではユニフォーム工場にも広がっている清流化プロジェクト!

目指すは「異次元の(品質)工場づくり」

武蔵屋藤岡工場清流化説明

・「目的は?「目標」は?
・「動き」が「働き」になっているか?
・なぜ停滞しているのか?
・危険はないか?
・全体最適になっているか?
・ボトルネックになっている場所は?…等々

清流化プロジェクト始動前と比べ、少しずつ、人・モノ・情報がムダなくスムーズに流れ(清流化)出してきている工場内を見学した受講生たちには、多くの学び(=見学)があった一日になりました。

「3ない運動 」の取組みも、社員のモチベーションの向上に繋がっているように見受けられました。
①ほこりは出さない!
②ほこりは溜めない!
③ほこりは持ち込まない!

この学びが、次回の上尾工場での実践現場研修に活かせるよう、いろいろな角度からの視点を持ちましょう!

🐦「鳥の目」
鳥は空の上から全体像を見ることができます。
つまり、「俯瞰」することができる視点が鳥の目です。言い換えれば、視野の広さです。
部分最適に偏ることなく、組織にとっての全体最適を実践するためのマクロ視点であるといえます。

🐛「虫の目」
虫は、小さな生き物ですので、草木や地面などに近い低い位置にいるからこそ、高い所からでは見えないことを見ることが可能です。
三現主義という考え方があります。
ターゲットを明確にし、「現場」、「現物」、「現実」の 3 つの「現」を重視し、机上ではなく実際の現場や現物を観察して、現実を認識した上で、目の前の問題の解決を図ることです。
つまり、「虫の目」とは、三現主義を実践するためのミクロ視点であるといえます。

🐡「魚の目」
魚は、水の中にいますので、海や川などの流れを感じ取りながら泳ぐこと
が可能です。
つまり、「魚の目」とは、成り行き任せの場当たりではなく、世の中の流れ
を見逃さずにビジネスチャンスに結び付けるための千里眼であるともいえま
す。

🦇「コウモリの目」
コウモリは天井にぶら下がって逆さまにモノを見ます。
そのことから、逆の立場で見る・発想を変える という視点を指します。
言い換えれば、様々な場所から物事を見ると言う 視点の数・視点の切り替え です。
・自分の考えは正しい
・この業界では常識だ
・有名な人が言っているから正し
・みんなが言っている
・前からこのやり方だ

第4期 5Sインストラクター養成講座 先進企業見学会

12月17日㈫に、15年以上足利流5S活動を継続されている企業様へ、見学会を実施しました。

小雨が降る肌寒い一日でしたが、午前中のエコアール様ではウェルカムボードでのお出迎え、暖かいジャンパーの貸し出し等と、寒さを吹き飛ばすおもてなしでした。

各見学場所にも置かれていたウエルカムボード!

初めての車解体工場に、皆、興味津々!

 

午後訪問の菊池歯車様では、「お客様が工場を見学されると100%受注に繋がる」というお話が聞け、受講生一同、只々「凄い!」を連呼していました。

パイプツール工房も、5Sでスッキリ!

随時、錆や汚れに強いステンレスパイプに変更中!

 

両企業の皆様、ありがとうございました。

5Sインストラクター養成講座 先進企業見学会

7月2日(火)に、5Sインストラクター養成講座の先進企業見学会を実施しました。

訪問先は、午前中にオグラ金属株式会社様、午後からは足利印刷株式会社様です。

どちらの企業様も、モノの見える化が非常に進んでおり、決まり事も見て分かる仕組み作りができていて、さすが!と感じました。

「モノ → コト → シクミ → ヒト」

この流れが自然とできるようになるために、コツコツ…を積み重ねていきたいです。

5Sインストラクター養成講座 第2期7講

2月14日(木)に、第2期7講…
午前:あしかがフラワーパーク様
午後:菊池歯車㈱様へ、5S先進企業見学会を実施しました。

イルミネーションの片付けが始ったフラワーパーク様では、普段見ることができないバックヤードや事務所内を見学させていただきました。
パイプツールを使用せず、草花を取扱う職場だからと、木材で手作りされた資材置き場は、ホームセンターのように整頓されていました。
事務所内も同様、木製のロッカーやボードで、木のぬくもりが感じられる温かな空間でした。

反対に、午後見学の菊池歯車㈱様は、ラインテープできちんと区分けられた工場内に、使いやすく工夫されたパイプツールが、整然と置かれていました。
パイプ廃材を活用しての遊び心もあり、見ていて飽きない!見学時間でした。

業務多忙の中ご対応いただき、ありがとうございました。

第4回足利流5Sサミット③

2日間で7社の事例発表を聞かせていただきました。
発表者は若手社員の方々が多く、各社共通していたのが、

「足利流5Sで人が変わる!」

だったように感じました。

  • 働き方と組織を変える
  • 自分たちが主役になる
  • 心豊かな社員に育つ
  • 自ら考働する活動である

発表されている方全員が、緊張感の中、
活き活きと話されているのが印象的でした。

また、5Sの進め方では、

  • 社内ウォッチングは委員以外も参加
  • なぜなぜ分析の導入

…と、我社の5S委員会活動の参考になるような
キーワードを聞くこともできました。

  • 「整理」で活スペースが生まれる
  • 「捨てる」ことで残されたモノが生きる
  • 小さな変化から自発的な効果が出てくる

まず自分が楽しむ、
そして周りを巻き込んでいく活動にしていきましょう!

第4回足利流5Sサミット②

5Sサミット2日目の午前中は、5S実践企業見学会、
11コースある中のKコースを見学させていただきました。

◆㈱Mハートプラン 様
店内に並んだ見本カーテンの裏側に、
納品物置きがあり\(◎o◎)/!

以前は、店内にまで納品物を置かなければいけないほど、
モノで溢れていたそうです。
展示品を厳選し、ディスプレイを改善。
入荷品の保管棚を作り、モノを探す時間が縮小。

 

新たにできたカーペットコーナーで、売り上げも上がりました!

ご来店されたお客様との商談用に、カタログを乗せる
「商談用移動式テーブル」をイレクターで作成する等、
多くの創意工夫改善を学ばさせていただきました。