清流化Pj in 横浜支店④

横浜支店の清流化の目的の一つに「目指せ!ショールーム!」があります。
4月2日の訪問で、それに一歩近づけたのではないかという手応えを感じました。

 

 

 

 

 

本社旧ショールームに合った清掃紹介パネル3枚を壁面に展示し、スポットライトを当てたところ、その前に置かれた自洗機数台が、少しオシャレ(?)に見えてきました。

バックヤードの資機材も、利用頻度に合わせ置くモノ・置き場所決めをし、作業準備・片付けの効率UP!を目指します。

 

第6期 5Sインストラクター養成講座 7講

2月23日㈫、第6期5Sインストラクター養成講座の7講を実施しました。
午前は、上尾文化センターにて、座学『4Sを極める』の⑯~⑳、
「ガソリン的人間」「2-6-2の法則」等、5Sでは聞きなれている言葉を、改めて考える時間となりました。

(漢字に変換すると、「2(人財)-6(人材・人在)-2(人罪)」となるのか?)

2(人罪)を動かすのには体力も時間も必要となるので放っておいてもよいが、他に悪さをしないよう注意しないといけない…(なるほど!)

上尾工場では、本社移転に伴う什器・書箱が運び込まれたすぐ後で、
様変わりした旧事務所を一早く見ることができました。

そして、さすが第6期生の現場実践実習、
(漠然と)見る」ではなく「(考えながら)観る」から「(問題に気付くよう)診る」へ、
(漠然と)聞く」ではなく「(具体的に)聴く」から「(問うように)訊く」への変化が感じれる時間となりました。

第6期 5Sインストラクター養成講座 6講

2月9日㈫ 、上尾文化センターにて終日座学を実施しました。

午前『4Sを極める』午後前半『仕事の哲学』後半『トヨタの現場管理』と座学内容は通常通りなのですが、内容は毎講奥深いものがあります。

特に、現時世に合わせての説明は解りやすく、理解力が深まっていきます。

立教大学事業所 訪問

コロナ禍で、学生の姿が少なくなってしまった立教大学事業所で、毎日、笑顔溢れるサービスを提供してくれているミャンマーからの技能実習生たち!

 

 

 

 

 

「お仕事、楽しいでぇ~す♪」と日本語で答えてくれる姿には、元気をもらえます。

全員で・・・

 

 

 

 

 

ငါအကောင်းဆုံးကြိုးစားမယ် ! အိုး ~

 

もちろん、事業所内バックヤードの3S(整理・清掃・整頓)も頑張ってます!

島忠ホームズ草加舎人店事業所 訪問

緊急事態宣言が1ヶ月延長となったコロナ禍の中、マスクをしていても
スマイル・さわやかで頑張っている、島忠ホームズ草加舎人店を訪問しました。

この事業所は、いつ訪問しても元気と笑い(とお菓子?)に溢れています。

 

 

 

 

 

バックヤードの3S(整理・清掃・整頓)も徹底され、モノを探す時間がありません。

 

 

 

 

 

さわやか社員さん全員が、3Sを実践することで得られる2S(スマイル・さわやか)を自然に行えている事業所です。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素敵な笑顔をありがとうございました!

第6期 5Sインストラクター養成講座 5講

1月26日㈫、第6期5Sインストラクター養成講座の第5講を実施しました。
終日上尾文化センターでの座学、午前は初めての試み、同講座第5期修了生による 『5S体験談』 でした。

▼ 村瀬部長 発表

 

 

 

 

▼ 山岸次長 発表

 

 

 

 

お二方とも、講座を受講しながら、学んだことを自身の仕事に置き換え実践し、5Sを習得されました。

生きた体験談は、非常に学び多き時間となりました。

技術センター清流化PJ⑦

1月25日㈪、技術センター清流化PJを実施しました。

今回は、パイプツールを触ったことがない新入社員を対象にした『パイプツール作製実習』です。

作製前の段取りから、「なぜこれを作るのか?」「作ることによって何が変わる?」等を、先生より指導していただきました。

 

 

 

 

 

ぎこちない組立作業の中から、自身の仕事に置き換えてのムダとりまで習得することができるようには、もう少し時間がかかりそうです。

第6期 5Sインストラクター養成講座 4講

1月12日㈫、第6期5Sインストラクター養成講座の第4講を実施しました。
午前は、上尾文化センターで座学『4Sを極める』⑧~⑪、
整頓の前の「整列」、躾がキーとなる「整頓」、3Sを維持する「清潔」、大人が対象の「躾」、「4Sの言葉あれこれ」までを学びました。
「原因系の仕事」と、その結果得られる「結果系の仕事」の違い、5Sはその全てに値する活動であること、とても奥が深い座学となりました。

午後は講座場所を武蔵屋上尾工場に変え、現場実践実習の1回目を実施しました。
第6期講座は、この実践実習は2回しかありませんが、マネジメントの眼で工場内をラウンド、「良かった点」「気づき(ヒント)」を探す時間となりました。

 

 

 

 

 

 

 

現場で働く方々とコミュニケーションを図り、新たな改善の芽が生まれるに繋げていきましょう!

第6期 5Sインストラクター養成講座 3講

12月22日㈫、ソニックシティ大宮にて第6期5Sインストラクター養成講座の第3講を実施しました。今講も、終日座学です。

午前は『4Sを極める』から、「整理」~「清掃」。
「整理」をすると、何が変化するか? 捨てる基準は?
「清掃」にも段階があり、大大掃除の初期清掃からスタート!
設備機器も、まずは1台を新品同様ピカピカに磨き上げる。
そうすることで、異常がわかる点検清掃・汚れない仕組みを創る保全清掃に繋がっていくことを学びました。

午後前半は『仕事の哲学』から、「⑫優先順位」「⑬時間管理」の深読みを。

午後後半は『トヨタの現場管理』第2章の体系図からトヨタ生産方式を読取りました。
目的達成のための3つの副次目標の先にある「原価低減」という言葉の重みは、この先の講座で順次感じ取っていけると思います。

スパロイヤル川口事業所 訪問

12月9日㈬、最寄りバス停から徒歩3分の場所にある、スパロイヤル川口事業所を訪問しました。

温浴施設は清掃時間開始がどこも早朝で、電車移動での訪問だと間に合わない事業所も多いのですが、ここはなんとか時間内に行ける場所にあります。

さわやか社員の皆さんは、品質に拘りを持ち、各自担当場所を決め、お客様に喜んでいただける清掃を目指し、日々頑張ってくれています。

しかし、安全と品質、優先順位はどっち?と聞かれたら、 ・・・=安全です!
段差、滑っての転倒等、危険と隣り合わせの場面が多い温浴施設では、慣れの行動が危険を生みます。

そこで、さわやか社員の皆さんには、良い眼を養っていただきたく、ちょっとモノを動かしてみました。

 

 

 

 

 

 

 

多少の凸凹で置かれていた風呂椅子を、タイルの目地線を基準に、真直ぐに並べてみました。
こうすると、はみ出したり歪んでいたりすると「異常」と感じることができます。
また、1ヶ所がキレイになると、その周囲それ以外のところの異常も見えるようになってきます。

気づきの眼を養う! 頑張ってください!!