つないで、変える。環境衛生のプロとして、できること。

清掃・設備・建物管理で培った環境衛生の知識と技術で
院内全体の感染対策をサポートします

清掃会社が病院様・患者様のことを本気で考えた時、出会う人。

もうやめます!

──病院様・患者様のことを本気で考えない清掃会社は。

従来の清掃会社は、契約前も契約後も、基本的には窓口となっている総務部の方とやりとりをしてきました。

しかし、それでは清掃として、委託業者としての最低限の役割しか果たせていないのではないか……

そうして、本気で病院様・患者様のことを考え、わたしたちにできることを考えたとき、院内の感染対策に頭を悩ませる、ICN(Infection Control Nurseー感染管理看護師)やICT(Infection Control Teamー感染制御チーム)のみなさんに出会いました。

 

感染対策のプロの「かゆいところ」に手を伸ばす、環境衛生のプロ=わたしたち。

ICNやICTのみなさんは感染対策のプロ。

わたしたちには、清掃や設備、建物管理で培ってきた環境衛生の知識と技術があります。

患者様ご本人への治療や、薬の知識、医療機器の操作などではお役に立てませんが、院内中のドアノブやスイッチを清拭してまわることも、トイレの汚れを落とすことも、エアコンを洗浄することも、給排水を衛生的に保つことも、防虫防鼠の策を講じることも、全部、私たちの生業です。

患者様の過ごす環境、空間の感染対策に、わたしたちがお役に立てる場面が、たくさんあるはず。

 

連携の3つの軸

①従来、総務部の方とばかりやりとりしていた「定例報告会」を、ICN・ICTとも開催。

──「感染対策」という新しい観点で、清掃の新しい価値を模索します。

②「契約前の打ち合わせ」にも、ICNのご意見を取り入れます。

──従来の「金額」×「清掃仕様」の契約の決め方に「感染対策」のエッセンスを。

③ICTとの「合同ラウンド」を積極的に行います。

──院内の環境衛生に関する問題解決をスピーディーに!

わたしたちは、総務部の方との連携をこれまで通りに大事にしながら、同時に、ICN・ICTのみなさんとも連携を図っていきます。

それが、病院様の経営と、なにより患者様の健康を守ることにつながっていくから。

院内環境の質を高める定例報告会

定例報告会の中心になるのが、品質チェックの報告です。

総務担当者の方、ICNの方とで異なる視点をカバーするため、各項目の説明の比重を変えています。

病院様に買っていただいている当社のサービスの今の品質状態を把握していただくことを目的にご報告いたします。

◆総務ご担当者様へのご報告

報告の中で重きを置くのは下記4点です。

・美観の状態とその改善進捗

・床面ワックス状態(光沢度)に応じた定期清掃の最適化

・スタッフのマナー・人員などの現場管理状況

​・チェック中に発見した設備面の不具合

美観状況が一目でわかるレーダーチャート
「前回の課題だった水回りが改善しました」 「床面の細部が次の課題です」チャートの凹凸で視覚的に理解できます。
美観の改善状況
ゴミ箱の汚れ、トイレの壁、什器と什器のすき間… 課題への対策を立て、その結果を毎月見ています。
床面ワックスの状態も管理
「定期清掃年2回」なんてざっくり決まっていませんか? 場所によっては適正回数が全く異なっている場合も。
管理状況の報告
あいさつなどのマナー面、制服の着用状態、人員の状態など、管理状況についてもご報告いたします。
設備面の不具合報告も
避難誘導の看板が反っていて、安全対策上問題が… こういうところも発見次第解決していきます。
ATPの推移で清掃の衛生管理
理想値におさまるように指導教育を行います。 他、ご希望に応じて院内環境表面の計測を行います。(車椅子のグリップなど)
管理状況も、管理対策の視点から
「手指衛生の徹底はなされているか?」 「PPEの着脱は正しい方法で行えているか?」定期的にチェックします。
美観の課題も感染対策視点で
「ゴミ箱についた飛沫は細菌・真菌汚染の温床に」 「トイレの壁面は汚染の危険性も手が触れる可能性も高いので強い対策が必要」など…
設備面の感染対策・衛生管理も
吸気口が結露してカビが!といった清掃以外の衛生管理でも問題提起・改善を行います。

◆ICNの方へのご報告

清掃を中心とした感染対策面の遵守状況や​設備を含めた院内の環境衛生状態を把握していただくことを目的にご報告いたします。

  • 環境表面の清浄度(ATP)とその改善
  • スタッフの感染対策マナー遵守状況
  • 院内における衛生上の問題点の共有

報告の中で重きを置くのは上記3点です。

また、ご契約時点で多くの衛生上の問題点が発見された場合には、改善の優先順位のご相談をさせていただき、ひとつずつ着実に解消しながら進捗をご報告いたします。

契約前から感染対策を意識する

病院清掃の業界で起こりがちなのが、契約時に「価格」と「清掃仕様」の比較が中心となり感染対策上重要なポイントが仕様から抜け落ちてしまうこと。

業務が動き出してからICN・ICTのみなさんが「あれ……?」と思った時には遅く、 その改善には様々な調整に時間がかかり、その間、療養環境の質を損ねてしまいます。

価格」×「清掃仕様」で決めた契約では、いつか院内環境のバランスが崩れる時が来ます。

本当に病院様や患者様に優しい清掃の形を作ろうとしたときに、

価格」×「清掃仕様」×「感染対策」の考え方が大切になってくるのです。

金額も、感染対策も、最大限諦めない=一番病院様のためになる契約

そのためには、契約前からICN・ICTのみなさんの意見を取り入れることが 大切だとわたしたちは考えています。

ICT×新日本ビルサービスの合同ラウンドが医療環境を変える

「最近院内ラウンドがマンネリ化してて……」

「清掃の品質チェックついでに一緒に回ってみない?」

これが、合同ラウンドのはじまりでした。

当社が品質チェックで使っているATP測定器をICTのみなさんに使っていただきながら院内を回っていると、こんな声が上がります。

「天井のあれ、カビじゃない?この間も消毒したのにな……」

「使ってなかった汚物流し、黒い汚れが落ちない……」

「汚物室のニオイがここ最近気になる。消臭剤、効かないなぁ」

どれも、建物管理をしているとよく耳にする話です。

「建物管理と感染対策の知識で解釈するとどうなるか」

「その問題をどうやって解消するのか」

どちらのノウハウも持つわたしたちだからこそ、​お役に立てることがあります。

天井にカビが!
消しても消してもわいてくる…
エアコンが原因かも
結露したエアコン内部にカビが発生するのはよくあること。 ひどいと気流に乗ってホコリ&カビが。
ルーバーがカビていたら危険度大
風を送る役目を持つルーバーにカビが発生すると、気流に乗って爆発的にカビの胞子が広がります。
エアコンの風にカビが含まれている
ということは、アスペルギルス症の原因になることも。
エアコンの分解洗浄で解決!
カビの温床になりやすい「フィン」「ドレンパン」をしっかり洗浄してリフレッシュしましょう
汚物室が臭う
最近臭い始めたんだけど、消臭剤を置いても意味がないみたい。
吸気機能は無事ですか?
天井に吸気口が換気扇がついています。 それがホコリでつまっていたりすると吸気が不十分に。
結果、ニオイが充満する
吸気が不十分 = 十分な陰圧が保たれていない = 汚染空気が拡散するかも…掃除しましょう
汚れが落ちない汚物流し
しばらく使っていなかった汚物流しの蓋を開けたらびっくり。 こすっても落ちないのは諦めなきゃだめ?
水垢×カビというちょっと難しい汚れ
落とし方が異なる汚れが合わさっているので、洗剤の使い分けが必要です。 水垢を足場にカビが繁殖し続けるので、ここでリセットできてよかった。