新日本ビルサービス株式会社

  • 社長あいさつ
  • 会社案内・アクセス
  • 私たちの事業
  • 採用情報
  • お問合せ
snbマガジン
油分を石鹸水に変える工法。今までのグリーストラップの工法とはまったく違います。油分を石鹸水に変えて排出するため産廃処理の必要がありません。乳化の場合、水と油に分離してしまいますが、石鹸水は分離しません。産廃ゼロ、環境保護に資するうえに、更に、排水管閉塞予防、コスト削減、作業効率の向上が可能な、画期的な工法です。
日本の産業廃棄物発生実績では、グリストラップ廃油を含む「汚泥」が一番多くの割合を占めています。グリストラップ内の水を含めた全てを、産業廃棄物として処理しているのが現状なのです。
私たちは、グリストラップ内に貯まった、廃油を含んだ廃棄物を、石鹸化によってキレイな水に戻した後に排水します。出来上がった石鹸水は、脂肪酸ナトリウムという物質に変化し、魚のえさになるものです。この工法によって、日本の汚泥発生量を抑えることを使命として取り組んでいます。

また、店内に長いバキュームホースを引き込む必要がありませんので、ホースに躓いての転倒なども心配いりません。
  • ・石鹸水による自然洗浄です。
  • ・乳化ではないので、水と油に分離しません。
  • ・産業廃棄物費不要でコスト削減につながります。
  • ・排水管洗浄の周期延長につながります。
(作業時間:200㍑のグリストラップで30分~40分)
①道具を車載しお客様を訪問します
②グリストラップの横にマシンとケミカルをセットします
③ケミカルを混ぜ合わせ廃油を石鹸水に変えます(加水分解)
④出来上がった石鹸水を使用し槽内の清掃をします
⑤石鹸水を排水管に流します
施工前
施工後
「グリストラップ」石鹸化工法の導入実績