新日本ビルサービス株式会社

  • 社長あいさつ
  • 会社案内・アクセス
  • 私たちの事業
  • 採用情報
  • お問合せ
カテゴリー
初めてイレクター作成するミャンマー技能 実習生と29期生の皆さん。

№92 「溌剌颯爽(はつらつ・さっそう)」

 さわやか社員の皆さん こんにちは! お元気ですか!
いつもありがとうございます!

 7月23日の東京オリンピック開会式以来、日本選手のメダル獲得に盛り上がっています。しかし予想を遥かに超えて新型コロナウイルス感染者が急増し、それに伴いお客様から消毒業務のご依頼がまさに連日連夜入っており、今までにない感染拡大が身近に迫っていることを実感しています。
 一番消毒業務のご依頼が多いお客様へ値下げのご提案をし、一旦はお受けになりましたが「今まで通りの価格でお願いしたい」とのご連絡を頂き、私たちの姿勢に感謝され、共感くださっていることに、力と勇気と信念が沸き上がってきました。
 お客様が困っておられる時に駆けつけることが、私たち新日本ビルサービスの培ってきた社風であり、コロナ禍真っ只中で益々お客様との信頼関係、絆が深まっています。
 ここしばらく緊急事態が続くことを覚悟し、さわやか社員の皆さんと共に乗り越えてまいります!

溌剌颯爽と!

 新日本ビルサービスの社長として僕が心がけていることは、心身の状態如何に関わらずいつも元気溌剌、さわやかに颯爽としていることです。
 そのために出来るだけ大きな声で挨拶し、腰骨を立てること、早朝の掃除をして職場を整えています。自分の発する言葉に否定がなく、悲観がなく、消極的な言い方をしないように、出来るだけ明るく朗らかに、活き活きとした言葉を使うことを心がけています。
 でも奥さんにはつい我がままが出てしまい、毎日反省しています・・・。

 今朝も社員食堂の大塚さんと吉田さんに「いつも元気だね」と声をかけると、「ラジオ体操に85人位集まりますが、仕事をしているのは私たちだけで、皆さんに“うらやましい”と言われています。仕事をしているから毎日張り合いがあります」と応えてくれました。
 さわやか社員さんがいくつになっても元気溌剌にしておられるのは、朝起きてやるべき自分の仕事があるからですね。元気な限り働きますではなく、働いているから元気なのです。
 そして、ただ働くのではなく、5S実践を通じて創意工夫して仕事をしているからです。

 コロナ禍での価値観の大きな変化は、お客様の経営に大きな影響を及ぼしています。今まで以上に、私たちの提供する衛生清掃が必要不可欠になり、お客様の経営に貢献するファシリティマネジメントが益々求められています。そのためにもムダを省き、価値を生まないコストを徹底して低減することがひじょうに大事な取り組みになります。
5S実践・清流化PJを推進することで着実に進化向上していきましょう。
 そして、私たちの発する挨拶や立ち振る舞いを溌剌颯爽とし、お客様と地域社会の皆さんに、力と勇気と信念を発信していきましょう!

 今期は現場改善につながる「さわやかフォーラム」のエントリー数を前期の倍・32事業所にする目標を掲げました。島忠ホームズ草加舎人店事業所は、28期さわやかフォーラムで最優秀賞を逃し、小野チーフが「3度目は挑戦しない」とラインしたところ、在籍さわやか社員さん全員から「もう一度挑戦しよう」と励まされ再挑戦することにしたそうです。

いつも溌剌颯爽な島忠ホームズ草加舎人店のさわやか社員 さんと生涯青春! !

 資生堂銀座ビル事業所の浅輪所長からも「今期のテーマはすべての作業基準の設定とし、この進め方について、やはり全員と話し合って決める必要があるので“みんなで作ろう作業基準”をテーマにしたいと思います」と嬉しい報告がありました。さわやか社員の皆さんには、さわやかフォーラムエントリーをきっかけに、自分たちの可能性を思う存分発揮してください!

おもしろい!好きだ!楽しい!が仕事の原動力

 僕は今年の5月4日の誕生日で67歳になりました。誰でも自分の年齢を振り返るとアッという間に過ぎたなぁ~と実感すると思います。人生は短く、人生二度なし、そして何が人生に起こるか分かりません。だから、おもしろいこと、好きなこと、楽しいことを日々行うことで、本来持っている生命エネルギーが沸き上がってくるのだと思います。
 僕の奥さんは、ガーデニングにはまり、バラを育てることを心から楽しんでいます。傍から見ると大変そうですが、暑い時も寒い時も一年中夢中でやっているので楽しいのでしょう。
 会社の小さな花壇を二人で手入れをしていると、「いつも綺麗にしていて楽しませてもらっています」と多くの皆さんにお声がけ頂き、とても嬉しく幸せだなぁ~と感じます。

 仕事も同じだと思います。指示を受けてする仕事や、頑張ろうと思ってやる仕事よりも自分がおもしろい好きだ楽しいと、自ら考え、行動し、結果を出していくと、今までと全く違う世界が拓けてきます。子供の頃を思い出すと、自分の好きなことを夢中に
なって行い、それを親や先生に褒められて、嬉しくなってさらに上手になろうとやる気になった経験が誰にでもあると思います。
 本社では技術センター清流化プロジェクトを継続し、毎月最終の月曜日に定期清掃チーム全員が現場作業を入れないで集まり、5Sの基本を学ぶ座学と実習を行い、単なる資材庫からホームセンター化を目標に取り組んでいます。萩原部長の見事なリーダーシップもあり、それに応えて加藤翔社員を始め皆が、だんだんと楽しく自燃力溢れる取組みになり、まさにホームセンターのような見やすく、取り出しやすく、無駄な在庫が一目で分かるレベルに進化しています。

 新日本ビルサービスの5S(整理・清掃・整頓・スマイル・さわやか)は、誰にでもやろうと思えば、誰にでも出来ることです。しかし私たちを含めて、それを本気で徹底している職場や会社はひじょうに少ないのではないでしょうか。
 「誰にでも出来ることを、誰にも出来ないところまで究める」…これを頑張ってやるのではなく、自分のやっていることをおもしろい好きだ楽しいと思って実践すると、どんどん出来るようになる。出来ることでおもしろくなり、好きになり、楽しくなる。

立教ファシリティマネジメントの板垣部長 も自ら率先してイレクターの作成をして頂 きました。

結果的にそれがお客様に喜ばれ、地域社会を元気にし、お役に立つことにつながります。
私たちのお客様はそれぞれの業界のトップランナーで素晴らしい経営をされており、仕事を通じて学ばせて頂き、単なるお取引の枠を超えて、切磋琢磨する有難い関係になっています。
 この素晴らしい輪を拡げ、お客様と地域社会により良く貢献するためには、何も大上段に構えるのではなく、誰にでも出来る5Sを実践し、究めていくことに尽きると思います。

(如何にささやかな事でもよい。とにかく人間は他人のために尽くすことによって、はじめて 自他共に幸せとなる。これだけは確かです。  森 信三 先生)

2021年9月13日
|カテゴリー|社長メッセージ