新日本ビルサービス株式会社

  • 社長あいさつ
  • 会社案内・アクセス
  • 私たちの事業
  • 採用情報
  • お問合せ
カテゴリー
SOCOLAソコラ南行徳の元気溌剌なさわやか社員さ ん(左端が伊藤登志さん)生涯青春! !

№93 「人間の心を経営の柱にする」

 さわやか社員の皆さん、こんにちは! お元気ですか! いつもお仕事ありがとうございます!
 新型コロナウイルス感染が急速に収まり、旅行や外食など我慢していた日常生活も出来るようになり経済活動が再開し始めました。今まで通りに感染対策に油断なく努めながら、活気ある日常を取り戻していきたいと思います。

ときめいて、煌めいて、ひたすら輝いて、生涯青春!

 10月29日(金)午前10時快晴の中、SOCOLA南行徳がグランドオープンしました。
 野村不動産グループ様が開発運営する近隣型大型商業施設で、驚くほど多くのお客様にご来館頂きました。同施設はダイエー南行徳からイオン南行徳へ、そして今回全面リニューアルしたSOCOLA南行徳として生まれ変わり、私たち新日本ビルサービスが約20年の長きに亘り清掃業務を担ってきた有難い現場です。
 当日、朝勤務のさわやか社員さんに集まってもらい、短時間でしたが楽しく有意義な親睦の場を持つことができました。オープン当時からお務めになっている大貫しんさんは「来年勤続20になります。そこまでは何としても頑張ります」と僕に元気に挨拶してくださいました。
 勤続17年の伊藤登志さんも元気溌剌で、朝勤務の多くのさわやか社員さんは彼女が勧誘して入社してくれたことを知りました。伊藤さんは施設内のカフェでお茶をしている仲間で、これはと思う方に“清掃の仕事をしましょう”とお声がけしたそうです。
 皆さんのお話を聴くと、「持病があって清掃の仕事に自信が無かったのですが、働いている内に元気になり治ってしまいました」築地の魚河岸に務め定年退職した男性は「しばらく家に居た
が身心がなまってしまい、近くで仕事を探していたところを伊藤さんに勧誘されて入社しました。社長、やっぱり仕事をしていると元気になるね」と嬉しそうに笑顔で話してくれました。

 伊藤登志さんから折に触れてお手紙を頂き、僕の心の支えになっています。「社内報の冒頭の社長の言葉“ 人間にとってより良い環境を創ること”この“創る”ことに全勢力を傾けてきたこの会社は決してへこたれず、ぶれることなく、より大きく前進していけると確信いたしました。一日の仕事を納得するところまで仕上げてホッとした時、私は充実感にひたります。この小さな幸せがとてもありがたいのです。だから仕事を続けられるのです。これからも一日が終わって“今日も本当にいい日だった”と思える毎日でありたいのです。
 イオンさんの食品売場も床が張り替えられ、この美しさを保っていくため皆んながんばらねばと気の引き締まる思いです。10月29日のグランドオープンをひかえ、これから先益々努力していく覚悟であります。永い人生、寄る年波におぼれない様に社長見ていてくださいね。(本当にだいじょうぶかいな…チョットこれ本音)」
 生涯青春! 私たちの生き方と仕事を通じて、コロナ禍の中で日本を元気にしましょう!

人が心がすべて

 僕の仕事と人生のメンターに、群馬県安中市に本社があるユーコーポレーション創業者・内田徳男氏がおられます。同社はエレクトロニクスユニットの製造、研究開発支援サービス、スクリーン印刷製品の製造等を手掛ける営業利益率20%前後を継続するエクセレントカンパニーです。
 内田会長の原点は、戦後、代用教員として小学校4年生の担当になった時に生徒達の心に火をつけた実体験です。
 内田先生が風邪をひいて病院で診てもらい自宅に帰ると、家の周りに教室にいるはずの子供達が大勢いるのです。叱られるのは分かっているのに、生徒達は内田先生を心配して学校から脱出して来たのです。この時に子供の代弁者にならなければと教師の使命に目覚め、教科書を使わずにその子の能力に応じた能力別教育を本気でやろうと決意しました。
 休み時間になっても教員室に戻らずに、教室にそのまま残って一緒に過ごす。外で遊ぶにしても、教室で何かするにしても、休み時間を大事にする。この事が子供達の心に火をつけ、人間として生きる力・ひとり一人の個性を引き出す楽しい自発的な能力開発につながりました。

 内田会長はガリ版印刷から始まり、スクリーン印刷で創業し、ユーコーポレーションへ大発展する過程で、人間の心を経営の柱に据えました。
 社員はかけがえのない人であり、会社の将来を担う人である。実際に働いているのは社員であり、どういう気持ちで働いているか。どうやったら社員は喜んで仕事をするか。社員が本当に喜んで仕事をしているか。どうやったら社員の心に火がつくか。
「会社の品質とは、その会社で働いている人たちの精神であり、今働いている人のレベルです。その精神を創るのは社長です。どこまで深く自分の仕事として捉えているのか。勤めというのは給料が見返りになりますが、それだけですか。自分はこの仕事をやりたくて会社に行くという確かなものを持っているのと、ただ生活のために会社に行くのでは大きな違いがあります。
 会社というのは小さくても大きくても人間で成り立っている。人間が全ての財産であり、人間の心が全てです。世の中は、そんなに楽しいものではないと思いがちですが、世の中を楽しいと考えるか、楽しくないと考えるか、どう解釈するかです。せっかく多くの仲間がこの会社に来てくれた。それなら楽しい会社にしなければもったいない。では、誰が仕事を楽しくしてくれるのか、誰かが楽しくしてくれるのを待つのか、それよりも自分が一番楽しい思いをできる人間関係づくりを始めることが大事だと思う」

ユー・コーポレーション創業者・内田徳男様と奥様・和子様を囲んで生涯青春! !

 今年満90歳になった内田徳男氏の肉声で語る実体験と卓越した成果は圧倒的な説得力があり、仕事と人生の真理だと思います。

 スパロイヤル川口事業所の堤幸子チーフから嬉しい“ありがとうカード”が届きました。
「今年も誕生日のお手紙ありがとうございます。大変な一年でしたが、仕事がある幸せ、健康である幸せ、そして良き仲間がいる幸せに感謝しています。今年は75才での運転免許更新となり認知機能検査を受け100点を取り少し安心しました。“もう少しの間、運転していてもいいかなあ~”と更新を致しました。青春時代は益々遠くなりますが、“ときめて、煌めいて、ひたすら輝いて、生涯青春!” 新たな気持ちでビジョン30に挑戦してまいります」
 これからも、さわやか社員の皆さんと共に、力と勇気と信念をもって、ビジョン30実現に挑戦してまいります。

2021年12月10日
|カテゴリー|社長メッセージ