5Sインストラクター養成講座 第2期8講

2月26日(火)に、第2期講座8講を実施。

午前の座学⑧は、『トヨタの現場管理』から、
「平準化生産」と「7つのムダ」を少々駆け足で学びました。

トヨタ生産方式体系図の真ん中あたりに置かれている
「平準化」は、量と種類の平均化を意味し、
ムダの排除が大前提とされています。

①つくりすぎのムダ
②手待ちのムダ
③運搬のムダ
④加工そのもののムダ
⑤在庫のムダ
⑥動作のムダ
⑦不良をつくるムダ

この7つのムダの中でも「つくりすぎのムダ」は、
他のムダを隠してしまうという意味で、
改善を阻害するムダとされています。

ムダを省く

作業再配分

人を減らす

平準化

運搬も単なる移動とせず、情報伝達のための平準化が必要です。

午後は、現場実践実習の4回目、
藤岡工場での現場実践も最終回となりました。
対応していただいた方々に、
次の改善に繋がる気づき・ヒントを投げかけ、
「ありがとうございました」と最後のご挨拶!
報告書作成も、4回目ということで早くなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です