『トヨタの現場管理』に学ぶ②

『トヨタの現場管理』には、似ているようで違う言葉がたくさん出てきます。

例えば・・・

・市場主義:原価主義

・生産技術:製造技術

・効率:能率

・稼働率:可動率

・平準化:標準化

・省人化:少人化

言葉それぞれには、トヨタ流の解釈があり、読んでいて奥の深さを感じます。

究極は・・・動く:働く

人偏が付いているだけで、付加価値が加わってきます。

仕事だと思って動いていても、働きになっているかどうか、今一度見直しをしてみないと、ムダが隠れているかも?です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です