第5期 5Sインストラクター養成講座 3講

7月21日㈫、5Sインストラクター養成講座3講を実施しました。
今回は、午前も午後も座学です。

午前の座学③では、『4Sを極める』から「整理」「清掃」頁の読み合わせを中心に、変化としての「整理」、5Sの中の「清掃」を深堀(初期清掃・点検清掃・保全清掃)していきました。

午後の座学④では、『トヨタの現場管理』第1章「利益の源泉はつくり方の中にある」と、『4Sを極める』の「整頓(整列)」「清潔」「しつけ」を学びました。

5Sの定義にはない「整列」ですが、初期整頓として位置付けられています。
しかし、何でもかんでも直角並行にすれば良いのかといえば、そうでもないケースも多々あり、それがベストなのか?を常に考える必要があります。
(今回は駐車場の斜め入れが例としてあげられました)

「整頓」は、変化するモノ、変化しないモノを見極め、小さくフレキシブルにという考え方が必要となってきます。
「巧緻より拙速」「小は大を兼ねる」「全てのモノにキャスターを…」等々、整頓では改善力が身に付いてきます。

「整理」「清掃」「整頓」の3Sができてくると、「清潔」「しつけ」の2Sは、結果として得られるということを、読み合わせました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です