5Sで使いやすさを究めていく!… 立教大学清流化PJ③

10月26日㈫ に、コロナ緊急事態宣言で延期となっていました立教大学清流化プロジェクトの3回目を実施しました。

前回終了時に今回の実施事項は決めていたので、作業開始前に岡田先生から、改めてなぜこれを作る必要があるのかを、技能実習生に向けてお話ししていただきました。

岡田先生からのお話を真剣に聞くミャンマー技能実習生たち

パイプカットは前回経験済みなので、交代交代でパイプの半端が出ないよう上手にカットしていきました。
・縦パイプ用に半切り(≒2m)から150㎝×4本をカット
・上記余り(≒50㎝)4本は奥行パイプに使用
・半切り(≒2m)パイプを半分にカット!(≒1m)×横パイプ必要本数
・半切り半分(≒1m)を更に半分カット!(≒50㎝)×奥行パイプ必要本数
このカットだと、半端サイズが最小限になります(1~2㎜は、誤差の範囲で処理) 。

組立は前回もやりましたが、日が空いているせいかあまり覚えてないようで、こちらはまた一からの指導となりました。

パイプの組立は一から指導中!

前回作製した靴置き用嵩上台よりも今回のモノはかなり大きいので、起こしたり寝かしたりと組立も一苦労のようでしたが、技能実習生皆の頑張りで何とか1台が完成し、もう1台は技能実習生たちだけで組立チャレンジをおこないました。

大きいパイプツールは作るのも一苦労です
…っが、なかなか1回では組立方は覚えられていなかったようです💦💦💦
ミャンマー語が延々と飛び交い、あ~でもない!こ~でもない!と試行錯誤、最後には再び岡田先生の指導を仰ぎ、どうにか2台目も完成!しました。

これで、あちらこちらに散らばって干されていた洗濯物を一ヶ所に集約して干すことができる物干し2台ができあがりました~👏👏👏
既製品のタオルハンガーだと腰より下と低いのですが、この高さだと屈まずに干せる&取り込めるのでラクチン♪
ダスタークロスもたくさん干せます♪

事業所に新たにできた洗濯干し

完成品を目にし、現場からの追加リクエストで、
・モップも干せるようにしたい!
・乾いたモノを入れるカゴ置場が欲しい!
…ということで、パイプを追加し、ご要望に即対応できるのも、パイプツールの良いところです👏👏👏

前回の作製物と合わせ、清掃控室外回りが随分とスッキリしてきました。

清掃控室前がスッキリと片付いてきました

下段の洗濯済み入れのカゴ置きが下過ぎて使い辛そうな感じがありますが(屈まないと取れない)、そこはそこで働く人たちで使い勝手の良い高さに修正してもらえたらと思います。
技能実習生たち、頑張れ~!!
「ဆက်လက်ပြီးရှိသည် 」

次回は2月実施予定で、また間が空いてしまうので、作り方を忘れないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です