キレイに塗り変わった床で初実践!…技術センター清流化PJ⑫

3月28日㈪、新型コロナウィルス対策のまん延防止等重点措置が約2か月半振りに解除され、月末月曜日恒例となっている「技術センター清流化PJ」が、きむら5S実践舎の先生方をお迎えしてのフルメニューで実施されました。

久々のきむら5S実践舎の先生方をお迎えしての清流化PJ開催!

実践前には参加メンバー全員が社員食堂に集まって、三密回避でずっと頓挫となっていた座学『4Sを極める』の、「整列・整頓」の読み合せをおこないました。

実践前に声を出す練習も兼ねての座学読合せを実施

読むことだけに集中する若手社員に、「声、小さいよ~! 」「下を向いて読むと、聞き手に声が届かないよ~!」という講師役の先輩社員からのアドバイス通り、相手に言葉を伝える練習も兼ねている座学学習です。なかなか大きい声を出す機会がない若手社員には、元気に挨拶する重要性が、少しずつ伝わってきているように感じる場でした。

座学終了後は、実践スタート!です。
まずは塗装が終わった技術センター2階の床に…

床塗装&コーティングが終わった状態の技術センター2階

ピカピカ✨コーティングを施工し…

実践は、基準線となる新たなラインテープ貼りからおこないました‼

床色がアイボリーとなったので、今迄の白色テープでは見辛くなるため、柱色と同色の黄色いラインテープを、歪まないよう慎重に貼り付けていきます。
貼り方一つにも、職人気質が揃う中堅品質メンバーの拘りが… 流石です👏👏👏
(余談ですが、ピカピカ床のコーティング仕上げも職人メンバーの施工です)

職人気質のメンバーが貼ったラインテープ!
新たな基準線ができたことで、モノの要る&要らないを再度見直すことができ、基準線からはみ出した棚は作り直しをしなければいけないという棚の見直しもできました💦💦

同時進行で、こちらは若手社員が中心となって、大きいモノが入れ辛く、積み上げると雪崩現象が起こるという使い勝手が悪い廃棄段ボール置き台(既製品のコンテナ台車)と、現状のモノは少し大きすぎるんじゃないか?と感じられる雪掻き用シャベル置台のパイプツール作製を、二手に分かれておこないました。

廃棄段ボール置台では、どのような形が使いやすいのか岡田先生にアドバイスをいただきながら、大きさを決めるところから始まり、作っては設置場所に置いてみて検証!そして作り直し! …を午後も繰返しおこない、時間内になんとか完成させることができました。強風の煽り防止には、ゴミベルトを使用しています。

新たにつくられた廃棄段ボール置き

これに合わせて、外壁塗装で外されたゴミ庫表示も… リニューアル♪♪♪

作り直されたゴミ庫の表記!

そして忘れてはいけない… 雪掻き用シャベル置台も、全面取出しで使い勝手良く、そしてコンパクトに作り変えられました~👏👏👏

全面取出しに変更された雪掻き用シャベル置台!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です