5Sの言葉あれこれ

①.「巧遅より拙速」

巧遅・・・出来栄えは優れているが、完成までに時間がかかること。
拙速・・・出来は悪いが、仕上がりは早いこと。

やってみると、いろいろなことが見えてきます。
まずは「やってみよう!」精神で…

「できることは、すぐにやる」

という姿勢が大事です。

しかし「巧遅」も大切です。
コツコツ… コツコツ… ゆっくりでも確実に、前進前進

 

 

 

 


②.「小は大を兼ねる」

「大は小を兼ねる」の反対です。

大きい棚が1つより、小さい棚を2~3つにしましょう。
ゴミ箱も小さく、台車や作業台も小さくです。
「整理」が進みモノが少なくなってくると、
「小」であることが活かされてきます。

「小さく、小さく」

改善を積み重ねていきましょう。


③.「着眼大局 着手小局」

どのような活動にも、目的があります。
それは、ある手段によって成されます。

方向性と環境が提示され、取組みが始まります。
しかし、実際の実践は、小さな改善の連続です。
着眼に向かって…

「小目標達成の積み重ね」

それが、大きな改革に繋がっていきます。

 

 

 

 


④.「田の字レイアウト」

人は、とにかく壁際にモノを押し込みたがります。
初期清掃が終わった場所に、要るモノを、
基本線に沿って直角平行に置いてみましょう。
その時注意するのが…

「壁際はすっきりと、
 窓際は窓を隠さない」

壁際を通路にすることで、安全な動線が確保されます。


⑤.「3現主義」

「現場」に出向き、「現物」に直接触れ、
「現実」を捉えることが重要です。
机の上だけでは、何もわかりません。

・自分の目で確かめ、
・自分の耳で聴き、
・自分の肌で感じ、
・自分で考える。

現場はすべてのことが現れる場所…

「3現主義 de 問題解決」

頑張りましょう!


⑥.「3定」

「5S 3定」といわれ、整頓の基本を表しています。
定品(テイヒン)・定置(テイチ)・定量(テイリョウ)のことで、
必要なモノが、必要な場所に、必要な、です。

品が先か? 位置が先か?は、
整理した「要るモノ」を、取り出しやすい場所に…

「誰でも すぐ わかる」

3定に「定時」を加えると、整頓がより充実します。


⑦. ムダ・ムラ・ムリ

「ムダ」… 能力よりも負荷が下回っている状態
「ムラ」… ムダとムリが混在している状態
「ムリ」… 能力よりも負荷が上回っている状態

トヨタ生産方式(TPS)では、「ムダ」の排除で生産性を上げ、
付加価値を高めています。
「ムダ」の排除が、ムラ・ムリをも排除する…

「動くことでムダを隠さない」

「ムチャ」… 道理に合わない! は、やめましょう。

 

 

 

 


⑧.見える化

仕事における問題を常に見えるようにすることで…
問題が発生してもすぐに解決できる環境を実現。
(問題が発生しにくい環境を実現するための取組)
・原因は現場に行かないと見えない
・シンプルでわかりやすい共通判断基準をつくる
・現場の改善活動を通じて異常を見抜ける力を養う

「見える化の第1歩は整理から」

見える職場は、いろいろなことが良くなってきます。