新日本ビルサービス株式会社

  • 社長あいさつ
  • 会社案内・アクセス
  • 私たちの事業
  • 採用情報
  • お問合せ
カテゴリー
今年も会社の小さな花壇にバラが満開に咲いてくれました!

№91 「人間にとってより良い環境を創ること」

さわやか社員の皆さん、こんにちは お元気ですか!
いつもお仕事ありがとうございます!

5月のさわやかな五月晴れとなり、今年も会社の小さな花壇にバラが満開に咲いてくれました。ご近所の方や道行く方から「いつも綺麗にしていて楽しみにしています。ありがとうございます」とお声をかけて頂き、とても嬉しく何か心温まるものを感じます。夕方、小さな子供たちがお母さんと花壇に顔を入れて見入っている可愛い姿に触れて、ジーンと涙が出てきました。

3月20日(土)~21日(日)にかけて本社をCSセンターに移転し、マネジメントチーム・直営施エチーム(清掃・設備・工事・警備)・経理総務チームを集約しました。移転プロジェクトメンバーが事前に準備をしっかりと行ってくれましたが、これほどスムーズに移転できたのは、5S実践の成果だなと改めて実感しました。

本社移転の目的は、お客様のより近くに、より便利に、よりお役に立つことであり、さわやか社員さんのサポートセンターとしての機能を強化することです。ぜひお気軽にご来社頂き、手作りの美味しい社員食堂でランチミーティングをしましょう!

新型コロナウイルスの影響と私たちの使命

2020年は、中国・武漢から発祥した新型コロナウイルスの猛威に世界中が翻弄された大変な一年でした。
日本では2020年1月15日、国内初の新型コロナウイルス感染症例が探知されてから既に1年4カ月が経ち、3度目の緊急事態宣言が発令されましたが、変異ウイルスの拡大により収束の目途が未だに立っていません。
コロナ禍で人の移動が制限されることで当然経済に大きなダメージを与え、観光業界、鉄道・航空業界、外食産業など大幅な売上減となり、ホテル稼働率の大幅減、フィットネスクラブ等の休業など、私たち新日本ビルサービスの経営にも多大な影響がありました。
医療体制の逼迫が目立ち、医療従事者の心身の負担が限界に近づいており、医師や看護師の皆さんが疲労困憊の中で対応している報道番組を見て胸に迫るものがありました。
昨年4月頃からお客様のコロナウイルス感染による消毒業務ご依頼が急増し、その対応に誠実にお応えすることで今まで以上に信頼関係が深まりました。日本ビルメンテナンス協会が会員1000社に新型コロナ感染対策清掃に対応できるかアンケート調査したところ、88社のみ可能で1割以下になったそうです。私たち新日本ビルサービスは6年前から感染対策清掃部を立ち上げ、専門知識と技術を身に付けたことで、消毒業務のご要請にお応えでき、多くのお客様から感謝頂いています。

コロナ禍の中でも設備法定点検と不具合対応、小修繕や設備更新工事を途切れることなく受注させていただき、業界トップクラスのお客様と直接ご契約して、直営施工を貫いてきたことが当社の最大の強みであることを再認識しました。
埼玉県経営品質知事賞受賞の審査委員コメントにも「会社の理念や思いに共感した人材が直接サービスを提供し、お客様の要望に真しん摯しに応える自燃力ある人財を育成するために、自社独自の5S(整理・清掃・整頓・スマイル・さわやか)を設定して全社員の取り組むべき方向性を示しています。
さらに5Sを究めることにこだわりを持つことで、愛社精神溢れるさわやか社員が提供する質の高いサービスが大きな付加価値となり、競合他社との差別化に結び付いている」と高く評価されています。

お客様とワンチームとなり、ピンチを大チャンスに変革する

これからも新型コロナウイルスとの戦いがまだまだ続きます。私たち新日本ビルサービスは単なる業者ではなく、多くのお客様から信頼されるパートナーとして強い絆を繋いでいます。
年末にお客様アンケートをお願いしたところ、ご多用の中を多くのお客様からご返信頂き、実に有難いお言葉を頂戴しました。

「さわやか社員の皆さんが前向きな姿勢を持っており、現状維持ではなくて、常に良くしようと努力している向上心をもった会社で、困ったときには常に相談できる頼りになる印象です。」
島忠ホームズ草加舎人店
ゼネラルマネージャー 楠見考平さま

「野村不動産パートナーズで、立川や小金井の再開発物件の清掃・設備管理業務を委託しております。業務品質も非常に高く、また元気な社員の皆さんに素晴らしいお仕事をして頂いております。仕事に対して高い誇りを持ち、また会社に対してのロイヤルティも高い方が多い印象です。関根社長を中心にした求心力が強く企業として素晴らしいと思います。」
野村不動産アメニティサービス株式会社
代表取締役 遠藤郷史さま

コロナ禍は今までの常識や価値観を大きく変化させました。対面からオンライン・リモー卜に、来店から宅配・出前に、都心から郊外に、アナログからデジタルに、衛生意識と健康意識の高まり、生活必需品と低価格へのシフト、物から心に…。

しかし、コロナ禍であろうと、どんなに時代が変化しても、人間が本来持っている“真善美”を求め、追求し、実現しようとする真理は変わりません。
人は美しいもの、清潔できれいなもの、賑わいと活気、温もりと優しさ、楽しさと美味しさ、遊びと運動と歩くのに適した環境、安全で健康であること、自己実現と自分の居場所があること、出逢いの場があること、持続可能なこと、自然と花と緑があること…を求めています。
つまり、私たちの仕事は「人間にとってより良い環境を創ること」なのです。

私たちは、お客様の経営に貢献するファシリティマネジメントを追究し、ハード(ビル管理)とソフト(運営業務)が一体となって構築しています。あらゆる施設・ファシリティは経年劣化していきます。その劣化を防ぎ、素材の強度を高め、永く安全快適に使用できる最新技術と施工体制を構築していきます。
コロナ禍を乗り越える感染対策の最新技術を習得し、施工し、安全・安心の「人間にとってより良い環境を創り上げていくこと」が私たちの使命です。
様々な情報が錯綜する中で、自分で考えて、自分で判断することが必要不可欠になります。
私たち新日本ビルサービスは5S実践を通じて「考働する集団」になり、お客様とワンチームとなり、ピンチを大チャンスに変革しましょう!

2021年8月30日
|カテゴリー|社長メッセージ